ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

サプリメント スキンケア フェイスケア 食べ物

小じわに効く食べ物とサプリメントはこれ!小じわケアは内側から!

2017/04/26

しわがあるとどうしても見た目年齢が上がってしまうものですよね。

ほうれい線や額のしわは言うまでもないですが、加齢とともに気になってくるのが目元や口元の小じわです。

笑った時や写真を撮る時に、目元の小じわが気になったことはありませんか。

ストローで飲み物を飲む時に、口元の小じわが気にったことはないでしょうか。

小じわが気になっていては思い切り笑うこともできませんよね。

年齢を重ねると、肌が乾燥しやすくなるうえ、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が長くなってきます。

そのため、皮膚が薄くて乾燥しやすい目元や口元に小じわができやすくなるのです。

小じわを改善するためには、スキンケアをして保湿することが不可欠です。

更に効果を上げるためには、身体の内側からもケアをしたいところですよね。

そこで今回は、小じわに効く食べ物やサプリメントを紹介したいと思います。

一体どんな成分が小じわ対策に効果的なのでしょうか。

ぜひチェックしてみてくださいね!

Sponsored Link

小じわに効く成分とは?

小じわの大きな原因となっているのは、肌の乾燥です。

化粧水やクリームで肌に潤いを与える事も重要ですが、身体の内側から肌の乾燥を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

皮膚の潤いを保つために必要な成分には次のようなものがあります。

  • エラスチン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

これらの成分はいずれも肌を構成する成分で、潤いを保つ上でも欠かせないものです。

エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸はお肌の深い部分「真皮層」にあります。

この3つの成分が高い密度で肌を支えていれば、ハリとツヤのある肌でいることができるのです。

また、肌の表面部分「表皮」にあるセラミドは、スポンジのように水分や油分を抱え込んでいる成分です。

肌の表面で水分が蒸発しないように蓋をする役割もあり、その「持続する保水力」に美容業界からも注目されている成分です。

しかし、この成分は、いずれも年齢を重ねるとともに減ってしまうのものなんです。

セラミドが減ると、水分を保持する力が弱くなり、お肌は乾燥しがちになってしまいます。

肌が乾燥すると小じわの原因になります。

エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸も加齢とともに減少します。

これらの成分が減少し密度が減ると、真皮層に凹凸ができてしわの原因となります。

真皮層でできるしわは小じわでは済まず、大きなしわになってしまうので大問題ですよね。

小じわを改善するためには、これらの成分を補う必要があるんです。

また、直接摂取する以外にも、コラーゲンなどの生成を助ける成分や肌の老化を防ぐ成分を摂取する事も重要です。

コラーゲン等の生成を助け、小じわに効く成分には次のようなものがあります。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • アスタキサンチン
  • イソフラボン

これらの成分も小じわに効くので、積極的に摂取したい成分です。

Sponsored Link

小じわに効く食べ物はこれ!

では、先程紹介した成分を食べ物で摂るとしたら、どのような食べ物を食べれば良いのでしょうか。

エラスチンを含む食べ物

牛すじ肉、手羽先、軟骨など。

煮魚などもエラスチンを含みます。

肌は寝ている間に活発に作られるので、寝る前に摂取するとより効果的です。

コラーゲンを含む食べ物

フカヒレ、牛すじ肉、手羽先など。

エラスチンと似ていますね。

コラーゲンは加熱すると溶け出す性質があるので、煮込む場合は煮汁も食べましょう。

スープなどで摂取すると効率的ですね。

ヒアルロン酸を含む食べ物

フカヒレ、うなぎ、豚足、鶏軟骨、手羽先、山芋、オクラなど。

こちらもエラスチンやコラーゲンの場合と似ています。

野菜ではねばねばしたものに含まれます。

ただ、ヒアルロン酸は食べ物から摂取してもなかなか吸収されにくいという難点があります。

セラミドを含む食べ物

こんにゃく、牛乳、黒豆、小豆、ひじき、わかめ、ごぼうなど。

黒い食材に多く、特におすすめなのはこんにゃくです。

ビタミンCを含む食べ物

レモン、アセロラ、パプリカ、パセリ、ブロッコリー、じゃが芋など。

ビタミンCはコラーゲンなどの合成に必要な成分ですから、一緒に摂取すると良いでしょう。

ビタミンEを含む食べ物

アボカド、アーモンド、納豆、かぼちゃ、うなぎなど。

ビタミンEは油と一緒に摂取すると吸収率が良くなります。

抗酸化作用と血行促進効果があり、若返りのビタミンと言われます。

アスタキサンチンを含む食べ物

鮭、桜えび、いくらなど。

非常に抗酸化作用が高いと言われる成分です。

ビタミンEの500倍の抗酸化作用があるともいわれます。

イソフラボンを含む食べ物

豆腐、豆乳など。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、美肌をつくるうえで欠かせません。

小じわに効くサプリメントは?

先程紹介した成分はいずれも小じわに効くので、毎日の食事から摂取したいものです。

ただ、すべての成分を食べ物から摂ろうと思うと大変ですよね。

ヒアルロン酸のように、食べ物から摂取しても、分子が大きくなかなか吸収されづらいものもあります。

そういった成分は、分子を小さくして吸収されやすい形にしてあるサプリメントで摂取した方が効率が良い場合があります。

また、サプリメントは一つの成分のみではなく、小じわに効く成分と美肌に良い成分が複数配合されていることが多いため、効率良く美肌成分を摂取することが出来ます。

栄養は食事から摂るのが基本ではありますが、補助的にサプリメントを活用して、小じわに効く成分を効率よく摂取しましょう。

最後に、サプリメントではなく医薬品ですが、「小じわに効く」と言われている製品があるので、紹介しておきたいと思います。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル
内容量:270錠(1か月分)

国内で唯一小じわへの効能が認められている医薬品です。

9種類の生薬と、ビタミンB、E、代謝を助けるL-システインなどが配合された医薬品です。

妊娠中でも服用できる安心処方なので、サプリメントのように気軽に飲むことができますね。

即効性はないという口コミもあるので、毎日のお肌のケアと同様、地道に続けると効果が期待できるかもしれません。

まとめ

小じわには肌の潤いを保っている成分や、その成分の生成を助ける成分を併せて摂取すると良いでしょう。

食べ物から摂取できるのであれば一番良いのですが、吸収率や効率を考えて、サプリメントも併せて活用すると良いでしょう。

食べ物やサプリメントを使った内側からのケアで、小じわのない若々しい肌を目指しましょう!

adsense

Sponsored Link

-サプリメント, スキンケア, フェイスケア, 食べ物
-, , , ,