ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

スキンケア フェイスケア

小じわをなくす方法3選!あなたに合った小じわ対策はどれ!?

口元や目元、額の小じわって気になりますよね。

年齢を重ねるとともに、どうしても肌は衰え、しわだって増えてきます。

でも、できることならいつまでも小じわのない肌でありたいですよね。

そこで今回は、小じわをなくす方法を3つ紹介したいと思います。

小じわなくすにはどんな方法があり、どのくらいの効果が得られるのでしょうか。

小じわ対策をする際の参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

小じわをなくす方法3選!あなたに合った小じわ対策はどれ!?

サプリを使って小じわをなくす方法

小じわをなくす方法として、サプリメントを使うという方法があります。

サプリメントは飲むだけで良いので、小じわ対策をしたいけれどあまり時間をかけられないという人にはぴったりの方法です。

では、あまたあるサプリメントの中で、小じわに効くのはどのような成分を含むサプリメントなのでしょうか。

小じわができる大きな原因は加齢と乾燥です。

どちらも、肌の潤い成分を失う原因となるものです。

例えば、加齢によって、肌の奥深く(真皮層)にあるコラーゲンやエラスチンなどの、肌を潤しハリを保つための成分が失われていきます。

すると肌がたるむなどして小じわができてしまうのです。

また、肌の表面(表皮層)の保湿成分(セラミドなど)が失われると、水分をキープする力が弱まってしまいます。

そうすると、肌は植物が萎びるようにシワシワになって小じわができてしまうんですね。

これを防いで小じわをなくすためには、肌の潤いを保つ成分を補うサプリメントを摂取すれば良いんですね。

具多的には、
●コラーゲン
●ヒアルロン酸
●エラスチン
●セラミド
……などがあります。

ただし、セラミドは表皮にある保湿成分なので、身体の内側から摂るより、基礎化粧品で外側から補充する方が良いと言われています。

美肌成分の代表格であるコラーゲンは、一時期はサプリメントで摂取してもアミノ酸に分解されてしまうため効果がないと言われていましたが、最近では、ある型のコラーゲンは、口から摂取することでコラーゲンの生成を促す働きがあることが分かってきました。

そのため、サプリメントでコラーゲンを摂取することで、小じわ改善効果も期待できるんですよ。

サプリメントを選ぶ際は、コラーゲンを中心に、ヒアルロン酸などの美肌成分を含むものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、コラーゲンはコラーゲンペプチド、水溶性コラーゲンなどと記載されているものは、コラーゲンの分子が小さく、吸収されやすいと言われています。

また、コラーゲンサプリの原料としてよく使われている豚由来のコラーゲンよりも、魚由来のコラーゲンの方が吸収率が7倍も良いというデータもあるので、魚由来(特に魚の皮由来)のものを選ぶと良いでしょう。

サプリメント選びの際には参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

アイクリームを使って小じわをなくす方法

次に紹介するのは、アイクリームを使って小じわをなくす方法です。

サプリメントとは逆に、身体の外側から小じわにアプローチするわけですね。

外側からのアプローチなので、サプリでの摂取はあまりおすすめでなかったセラミドも効果を発揮してくれます。

今回、特にアイクリームをおすすめするのには訳があります。

アイクリームなので、もちろん目元の小じわをなくす効果が期待できます。

それに加えて、おでこや口元の小じわ対策としてもアイクリームが使えるんですよ!

なぜなら、アイクリームは、デリケートで乾燥しやすい目元のことを考えて作られた美容クリームだからです。

目元は、頬やおでこに比べて皮膚が薄く、その厚さは0.02mmほど。

頬やおでことくらべても非常に乾燥しやすいのです。

このデリケートな目元を潤し、小じわから守る成分がたっぷり含まれているので、おでこや口元の小じわにも高い効果が期待できるんですよ!

アイクリームを使って目元の小じわ対策をしているという人は、そのクリームをおでこや口元にも使ってみてはいかがしょうか?

レーザーで小じわをなくす方法

もっと手っ取り早く確実に効果を出したい!という人には、レーザーなどを使って小じわをなくす方法もあります。

これは美容皮膚科などで医療機器を使って施術する方法です。

費用はそれなりにかかりますが、セルフケアよりも短期間で目に見える効果が期待できます。

「小じわを今すぐなくす方法が知りたい!」という人にはおすすめです。

ただ、レーザーと聞くと、「痛そう」「怖い」という人もいるでしょう。

そこで、どのような方法で施術するのか、一例を紹介したいと思います。

ヤグレーザーピーリング

ヤグレーザーという、皮膚の真皮上層まで届くレーザーを照射して小じわの治療をするものです。

コラーゲンの生成を促す効果があるので、肌のキメを整え、ハリをアップさせてくれます。

ほうれい線や口元のしわなどの深いしわにも効果が期待できます。

皮膚表面の古い角質を剥がれやすくする効果もあるので、肌のターンオーバーを正常に整えてくれますよ。

アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)の認可を取得している安全なレーザー機器です。

痛みはほとんどなく、肌へのダメージも少ないので、施術直後からメイクをすることもできますよ。

サマークール

こちらはレーザーではなく、高周波(電波の一種)による治療です。

レーザーの数十倍の強さをもつ高周波の熱作用により、コラーゲンの生成を促します。

たるみによる深いしわにも効果を発揮し、ほうれい線や目元のしわ、更にはくまにも効果が期待できます。

メスを使わないリフトアップとも言われ、引き締め効果が期待できる治療方法です。

24時間後にはハリが出て、その後も徐々に効果を小じわ改善効果を発揮し、施術から6ヶ月後にはたるみ改善、ハリアップが一層実感できます。

施術直後から徐々に効果が薄れるというものではなく、むしろ次第に効果が実感できてくるというのは嬉しいですよね。

こちらもFDAの認可を取得しており、施術直後からメイクもできます。

美容皮膚科などの施術は、やはりセルフケアにはない即効性が期待できます。

また、治療方法はレーザー以外にもあり、医師がしわに適した治療方法を見極めてくれるので安心ですね。

まとめ

小じわをなく方法を3種類紹介しました。

内側からのケア、外側からのケアと、対策方法はいろいろあります。

まずは自分のしわのタイプを見極め、どのくらいの期間で効果を出したいのか、どこくらいの手間とコストがかけられるのかによって、自分に合った対策方法を選んでくださいね!

adsense

Sponsored Link

-スキンケア, フェイスケア
-なくす, 対策, 小じわ, 方法