ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

メイクアップ

冬の化粧下地のおすすめは?空気が乾燥する冬はどんなものが良いの?

テカりや汗で化粧がドロドロになってしまうことが悩みだった、夏の暑い時期。

化粧崩れとの戦いがひと段落したかと思うと、今度は空気の乾燥する冬がやってきます。

更年期の女性は、お肌がとてもデリケートですよね。

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が変化するこの年代は、肌質も変わりやすくなっています。

冬場の冷たく乾燥した空気に触れると、肌も乾燥したり、かゆくなったりします。

この乾燥した肌を放っておくと、小じわやシミの原因になってしまうんです!

また、かゆみを放っておくと、湿疹の原因になることもあります!

そうならなためにも、化粧下地は季節の悩みに対応できるものを選びたいですよね。

今回は、乾燥しやすい冬におすすめの化粧下地を紹介したいと思います。

Sponsored Link

冬の化粧下地のおすすめは?空気が乾燥する冬はどんなものが良いの?

空気が乾燥する冬、化粧下地はどんなものが良いの?

30代を過ぎると、肌は次第に保水力を失っていきます。

皮膚を構成しているコラーゲンやエラスチンの量が減り、皮膚の弾力もなくなってきます。

また、潤いを保つ成分であるセラミドも減ってくるため、保水力がなくなります。

特に空気が乾燥する冬は肌も乾燥するため、乾燥や肌荒れがひどくなることも多いのです。

こんな時には、保湿成分が配合されている化粧下地がおすすめです。

具体的には、コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチンなどです。

成分は配合量が多い順に記載されていますので、どんな保湿成分がどのくらい配合されているか確認する際には参考にしてくださいね。

ただ、保湿成分が入っている化粧下地も、「乾燥しにくい」だけで、美容液やクリームの様に「保湿する」ものではありません。

塗り過ぎはかえって肌荒れの元になる場合があるので、化粧下地は適量を塗りましょう。

少量をしっかりなじませることが重要です。

Sponsored Link

冬におすすめの化粧下地、教えます!

乾燥しがちな冬におすすめの、保湿成分を含んだ化粧下地を紹介したいと思います。

 

ヒロインメイク メイクラスティングベース うるおいキープ

ヒロインメイク メイクラスティングベース うるおいキープ クリアベージュ 30g

アルガンオイルやローズヒップオイルなど、美容効果のあるオイルが6種配合されており、乾燥や粉ふきを防ぎます。

オイルなのにさらっとした使い心地です。

凹凸補正パウダーが毛穴をカバーしてくれる上、クリアベージュのテクスチャが、肌を明るく見せてくれます。

ポール & ジョー ボーテ モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S


PAUL & JOE ポール&ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S 01 <美容液・化粧下地>SPF15 PA+ 30ml [並行輸入品]

保湿成分のオレンジフラワー水と3種のヒアルロン酸、5種の天然植物成分を配合した化粧下地です。

肌を潤し、透明感を引き出してくれます。

ピンク、オレンジ、クリアの3色展開で、悩みに合ったカラーを選ぶことができますよ。

エスト モイストラスティングベース

est 花王エスト モイストラスティングベース (est 花王エスト パーフェクトベース モイストタッチのリニューアル商品) ◎国内向正規品◎

保湿成分のヒアルロン酸、グリセリン、カミツレエキス、ユーカリエキスを配合した化粧下地です。

乾燥によるかさつきを防ぎ、しっとりとした仕上がりにしてくれます。

高密着膜処方で、凹凸をカバーし、ファンデーションを均一にムラなくのせることができます。

まとめ

冬は空気が乾燥するので、肌も乾燥し、かさつきがちになります。

特に更年期の女性は、肌の保水力が衰えつつあるので、空気の乾燥が肌にも大きく影響します。

肌も荒れやすく、粉ふきの原因にもなるので、メイクの際は、下地から乾燥対策をすることが大切です。

そこでおすすめなのが、保湿成分配合の化粧下地です。

コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチンなどの保湿成分が配合されている化粧下地を使うことで、肌を乾燥しづらくし、肌の乾燥やファンデーションが浮くのを防ぐことが出来ますよ。

乾燥対策ばっちりの化粧下地で冬を乗り切りましょう!

adsense

Sponsored Link

-メイクアップ
-おすすめ, , 化粧下地