ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

ヘアケア

女性の薄毛治療を病院でしたら保険は適用されるの?どんな治療をするの?

薄毛に悩む女性は意外と多いものです。

特に、年齢を重ねるとつむじや分け目が広がってきたり、髪のボリュームがなくなったりする女性も増えます。

髪に良い食べ物を食べたり、規則正しい生活をしてみても効果がない場合、病院で治療することを考える女性もいますよね。

最近では「薄毛はお医者さんに相談しよう!」というCMもよく見かけるので、薄毛治療を身近に感じるかもしれません。

ただ、実際のところどんな治療をするのか分からないですよね。

それに、病院で治療をするのであれば、治療費も気になるところです。

保険が適用されるかどうかも大きなポイントです。

そこで、今回は女性の薄毛治療を病院でする場合、保険が適用されるのかどうか解説したいと思います。

また、どのような流れで治療を行うのかもまとめます。

受診をする前の参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

女性の薄毛治療を病院でしたら保険は適用されるの?どんな治療をするの?

女性の薄毛治療に保険は適用されるの?

実は、薄毛の改善を目的とした治療の場合、そのほとんどは保険が適用されないんです!保険適用外の治療となると費用は高額になりがちですから、一気にハードルが高くなってしまう気がしますね。

なぜ保険が適用されてないかというと、厚生労働相が定める「病気」に薄毛が含まれていないからです。

厚生労働省では、薄毛を「加齢とともに進行していく一種の生理現象」だと捉えているんですね。

そのため、女性におおい「びまん性脱毛症」の治療には、通常は保険が適用されません。

ただ、皮膚科や薄毛治療専門のクリニックでの治療では保険適用外ですが、この女性の薄毛が、更年期障害の症状の一つとしてあらわている場合、婦人科での更年期障害の治療には保険が適用されます。

薄毛を改善することを目的とするのではなく、更年期障害の症状を改善することを目的とした治療なので、治療方法も頭髪にアプローチするのではなく、女性ホルモンの補充などが中心となるのですが、薄毛の原因が更年期障害であった場合は、治療によって抜け毛も改善される可能性はあります。

また、皮膚科でも、薄毛治療ではなく、皮膚の炎症などが原因である薄毛だった場合は、保険を適用して頭皮の治療を行う事ができます。

ただし、こちらも皮膚を治療するのが目的で、通常、髪を生えさせるための治療は行われません。

そしてもう一つ、円形脱毛症の場合は、ストレスや病気が原因であることが多いため、治療には保険が適用されます。

Sponsored Link

病院ではどんな治療をするの?

薄毛専門の病院等では、まずは治療のまえに問診を行います。

それよりも更に前の段階として、無料のカウンセリングを行っている所も多いので、まずは相談をしてみるのと良いでしょう。

病院では、問診や血液検査などを行い、現在の髪の状態や、薄毛の原因を探っていきます。

その結果次第で今後の治療方法を決めていくのですが、病院では、薬を服用して治療するのが一般的です。

薄毛の進行を止めたり、発毛を促すお薬が処方されます。

この薬代も保険適用外なので、多少費用がかかることは覚悟しておきましょう。

薬の服用で効果があまり見られない場合は、メソセラピーといって、注射器などを使って頭皮に直接薬を注入する治療を行う病院もあります。

頭皮に直接注入するので、飲み薬よりも効果がでやすいようです。

残っている毛根から強く太い毛を育てることを目的に行うことが多いようです。

それでも効果が見られない場合は、植毛を行う事も出来ます。

植毛にも様々な方法があり、自分の後頭部などから薄毛が気になる分け目などに移植する自毛植毛という方法もあります。

病院では状態に合わせて様々な治療を行ってくれますので、医師とよく相談して治療方針を決めていきましょう。

まとめ

女性の薄毛治療も、男性と同じく病院で行う事ができます。

ただ、薄毛の治療はほとんどが保険適用外なので、診療代や薬代がかかるのは覚悟しなくてはなりません。

ただ、病院では服薬を始め、自分ではできない様々な治療を行うことができますから、発毛・育毛効果も期待できますよ!

いくら病院で治療するといっても、薄毛の改善には時間がかかるものです。

根気よく、あきらめずに治療して、豊かな髪を取り戻していきたいですね!

adsense

Sponsored Link

-ヘアケア
-保険, 女性, 治療, 病院, 薄毛