ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

ヘアケア

女性の抜け毛は病気が原因?どんな病気の可能性があるの?症状と治療法を紹介します!

抜け毛・薄毛の悩みというと、男性のものだというイメージを持つ人は多いかと思います。

ですが、実際のところ抜け毛で悩む女性の数は意外と多いんですよ。

最も身近なのは、更年期障害などのホルモンの乱れによるものや、加齢による抜け毛です。

全体的に髪のボリュームが少なくなってきたり、髪が細くなってきた場合は、更年期障害や加齢が原因である可能性があります。

この場合は、ホルモンバランスを整えることで、抜け毛が減るように治療していくのです。

このタイプの抜け毛は決して珍しい事ではなく、ある程度、人が年を重ねる限りは仕方ないとも言えます。

ただ、注意してほしい抜け毛もあるんです!

加齢が原因で抜け毛が増えているのだと思っていたら、実は病気が原因だったということもあるんです。

一体どんな病気が原因で髪が抜けるのでしょうか。

病気特有の症状はあるのでしょうか。

加齢による抜け毛との違いは?

今回は、女性に多い、抜け毛の原因となる病気についてまとめたいと思います。

Sponsored Link

女性の抜け毛は病気が原因?どんな病気の可能性があるの?症状と治療法を紹介します!

抜け毛が増えた時に考えらえる病気は?

抜け毛を伴う病気とはどのようなものがあるのでしょうか。

代表的な病気を2つ紹介したいと思います。

膠原病

膠原病(こうげんびょう)という病名を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

でも、実際のところどんな病気なのかはわかりづらいですよね。

それもそのはず、膠原病はいくつもある免疫系疾患の総称なんです。

免疫系疾患とは、免疫機能の異常が原因でおこる疾患です。

女性に多く発症します。

全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどがあります。

関節や皮膚、血管など、色々な部分が炎症を起こすのです。

症状は多岐にわたり、発熱や倦怠感、発疹、全身の痛みなどです。

その症状の一つに、抜け毛の急激な増加が挙げられるのです。

倦怠感や全身の不調、抜け毛の増加とだけ聞くと、更年期障害にも似ている気がしますよね。

しかし、更年期障害の場合は、頭全体の髪が薄くなるのに対し、膠原病の場合は円形脱毛症のように、部分的に髪が抜けます。

ここが大きな違いです。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺に異常が起こり、甲状腺ホルモンが出なくなってしまう病気です。

女性に多く、男女比は男性:女性=1:10ともいわれています。

甲状腺ホルモンは、全身の代謝を維持するために必要なホルモンです。

そのため、甲状腺ホルモンが出なくなってしまうと、全身に倦怠感を強く感じます。

そのため、気力も低下し、活動的でなくなってしまう人もいます。

他にはむくみや皮膚の乾燥、女性であれば月経の異常などが症状として出ます。

抜け毛も、その症状の一つです。

甲状腺機能低下症も、初期の段階では風邪などの症状にも似ているので、診断が難しい病気です。

ただ、甲状腺機能低下症の抜け毛の場合も、膠原病と同じように部分的に脱毛します。

やはり更年期障害とは大きな違いがあります。

もし、あなたの抜け毛が、全体的にボリュームダウンするものではなく、円形脱毛症のような症状であるならば、病気の可能性を考えた方が良いかもしれません。

他にもだるさなど、気になる症状がある場合は病院を受診するようにしましょう。

Sponsored Link

どんな治療をするの?抜け毛は防げるの?

膠原病の治療

膠原病の原因は、実は完全には解明されていません。

まだまだ分からないことが多く、難病に指定される病気です。

抗生物質は効きません。

病院では、一般的にはステロイド剤や免疫抑制剤を服薬して治療します。

服用による改善が見られない場合は、血漿交換療法といって、血液中の有害物質を、機械を使って取り除き、病気の進行を抑える治療を行う事もあります。

膠原病に有効とされているステロイド剤は副作用が起こる可能性があり、その症状の一つとして、抜け毛が増えることがあります。

抜け毛を助長することに抵抗を覚える女性もいるかもしれません。

しかし、ここは我慢のしどころです。

病気をきちんと治療して、それから育毛に励みましょう!

甲状腺機能低下症の治療

甲状腺機能低下症の場合は、出なくなった甲状腺ホルモンを補う治療を行います。

最近では、主に服薬でホルモンを補うことが多いようです。

甲状腺ホルモンはもともと身体に存在するものなので、副作用の心配はあまりありません。

ただ、飲み始めてすぐに効果が実感されるものはでないので、時間をかけて治療していきましょう。

体調が安定すれば、抜け毛が減ることも期待できますよ。

まとめ

40~50代頃になると、抜け毛に悩む女性も増えてきます。

そのため、加齢のせいかと見過ごしがちですが、抜け毛の陰に病気が隠れている可能性もあるんです!

抜け毛が気になった時は、抜け毛以外に体調におかしな点が無いか確認をしてみてください。

女性の40~50代というと、体調の変化する時期でもありますから、体調不良も加齢のせいだと思いがちです。

自分の身体が出しているサインを見逃さないよう、体調には気を配ってくださいね!

adsense

Sponsored Link

-ヘアケア
-, , ,