ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

フェイスケア

顔のむくみの取り方について!むくみの原因は?

朝起きると顔がいつもより大きい!ということってありますよね。

まぶたも腫れぼったいし、フェイスラインもいつもより丸い……それは顔のむくみが原因です。

若い頃はお酒を飲み過ぎた翌日だけ気になっていたのに、年齢を重ねるごとにむくむ頻度が増えたと思う人も多いのではないでしょうか。

これって加齢が原因なのでしょうか。

そもそも、顔がむくむ原因とは何なのでしょう。

顔が大きく見えてしまう以外に、何か身体への影響はあるのでしょうか。

今回は、顔のむくみについて考えたいと思います。

また、顔のむくみをとるために有効なツボやストレッチを紹介します。

Sponsored Link

顔のむくみの取り方と原因について!顔がむくむのはなぜ?

顔がむくむのはなぜ?

顔のむくみは、身体の中の水分が増えすぎたり、老廃物が溜まっていることにより起こります。

通常、水分や老廃物は、血液の流れやリンパの流れに乗って体外へと流され、排出されます。

しかし、血液の流れが悪くなっていたり、リンパの流れが悪くなっていると、水分や老廃物を排出することができません。

その結果、身体は余分な水分や老廃物をため込むこととなります。

それが細胞間液として、表面へ出てくるとむくむのです。

身体の中でも顔はむくみが目立ちやすい部位です。

特に朝は顔のむくみがひどい場合が多いでしょう。

これは、むくみの原因が水分であり、水分は重力による影響を受けるためです。

眠っている間は身体を横たえていますから、顔を含む全身に水分が回ります。

そのため、顔がむくみます。

日中起きて活動していると、重力の影響で水分は下へ下へ、つまり足の方へと落ちるので、顔の水分が減り、むくみが解消されたように感じるのです。

夕方になると足がむくむのはそのせいです。

Sponsored Link

顔のむくみの原因

では、顔のむくみの原因とは何なのでしょうか。

お酒の飲みすぎ

一番顔のむくみを感じるのは、お酒をたくさん飲んだ翌日ではないでしょうか。

お酒を飲むと、血液中のアルコール濃度が高くなります。

そうすると血管が広がります。

大きな血管は小さな血管よりも血液の流れがゆっくりになります。

その結果、水分の排出速度も緩やかになるので、むくんでしまうのです。

塩分のとりすぎ

塩辛いものを食べた翌日もむくみやすいですよね。

体内の塩分濃度が上がると、それを薄めるために身体は水分を欲します。

塩辛いものを食べると喉が渇くのはこのせいです。

喉が渇くからと水分を大量に摂取すると、体内の水分量が増えすぎて顔のむくみを引き起こします。

もし、「むくむから!」と水分の摂取を我慢したとしても、身体は体内にある水分を排出せず保持することで塩分濃度を下げようとします。

その結果、水分が体外に排出されなくなってむくみが生じます。

血行不良

運動不足や冷え性の場合もむくみが起きやすくなります。

運動をしないと代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなりますよね。

血液の流れが悪いと、体内の水分や老廃物を流すこともできませんから、むくみの原因となります。

また、運動不足で筋力が衰えることでもむくみやすくなります。

筋肉は血液を流すポンプの役割をします。

動かすことで、血液がスムーズに流れるのを助けるんですね。

筋力が弱いとそれもできないため、むくみやすくなります。

筋肉量の多い男性よりも女性の方がむくみやすいのはこのためです。

身体が冷えていても、むくみやすくなります。

冷え性の人は、慢性的に血液の巡りが良くない状態です。

血行が悪いと水分や老廃物をため込むこととなり、むくんでしまうのです。

顔のむくみの取り方

では、朝起きて顔がむくんでいた場合はどうすれば良いのでしょうか。

顔のむくみの取り方を紹介したいと思います。

首のストレッチをする

顔のむくみの取り方として有効なのは、首のストレッチです。

首の凝りをほぐして血行を良くすることで、顔の血液の巡りを良くします。

特に耳の後ろから鎖骨にかけての筋肉をほぐすと良いですよ。

この部分はリンパ節があるため、ほぐすことでリンパの流れを良くし、老廃物を排出することができますよ。

この部分の凝りの取り方は、斜め上をみることです。

筋肉が伸びるように意識しながら、斜め上を見ましょう。

斜め上に引っ張られるイメージでやると効果的です。

この他、首を左右にゆっくりと回したり、前後左右にのばすことも効果的です。

ツボを押す

顔のむくみの取り方として、腎臓の動きを活性化する天柱というツボを押すのも効果的です。

後頭部の頭蓋骨と脊椎がぶつかる場所、その脊椎の両側に天柱があります。

ちょうど髪の生え際あたりでしょうか。

ここに両手の親指をあて、残り4本の指で頭を支えます。

そのまま息を吐きながら、ゆっくりと頭を後ろに倒し、また起こします。

これを5~10回繰り返しましょう。

温めて冷やす

むくみには血行をよくするという取り方も効果的です。

とくにむくみやすい瞼などに、熱い蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてます。

血管の拡張と収縮を繰り返すことで血行を良くしてむくみを取るという取り方です。

もちろん、顔全体に行なっても良いですよ。

顔のむくみの予防方法

むくみの取り方以外にも、予防法を知っておくと良いですよ。

むくみを予防するためには、

  • 半身浴などで血の巡りを良くする
  • 朝晩のストレッチで血行を良くする
  • 日常的に運動をする(ウォーキングなど)
  • こまめに水分をとる
  • 水分を排出するカリウムを含む食材を食べる(ほうれん草、バナナなど)

などがあります。

日頃から老廃物を溜めない生活を心がけることで、むくみにくい身体を作りましょう!

まとめ

顔がむくむのは珍しい事ではありません。

ですが、たかがむくみと放っておくと、むくみが慢性化し、ちょっとストレッチやツボ押しをしたくらいでは解消されなくなってしまいます。

それに、むくみは顔のたるみやほうれい線を引き起こす原因にもなるんです。

むくんだまま放っておくと、むくんだ顔の皮膚が重力によって下に引っ張られて、顔がたるんだり、ほうれい線がひどくなったりしてしまうんですよ。

これは困りますよね。

むくみは毎日の生活でこまめに解消することが重要です。

また、日頃からむくまないように対策しておくことも重要です。

今回紹介したむくみの取り方や予防方法を参考にして、むくみのない、若々しい姿を目指してくださいね!

adsense

Sponsored Link

-フェイスケア
-むくみ, 原因, 取り方,