ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

ダイエット

内腿に隙間を作って痩せるにはどうすれば良いの?筋トレやむくみとりの方法

2017/02/15

すらりとのびた形良い脚に憧れる女性は多いですよね。

特に、スカートやスキニーパンツを履いた時に、内腿に隙間があると足が細くスタイル良く見えます。

逆に、内腿に隙間がないと、本当はあまり太くなくても、太ももが太く見えてしまいます。

下半身が太く見えると、いわゆるおばさん体型に見えてしまいます。

いつまでも綺麗でありたい女性であれば、内腿を引き締めて、細くスラッとした足を手に入れたいですよね。

しかし、内腿のお肉は、カロリー制限だけではなかなか落ちにくいものです。

では、内腿のお肉を落として痩せるにはどうすれば良いのでしょうか。

今回は、内腿を細くする方法についてまとめたいと思います!

Sponsored Link

内腿に隙間を作って痩せるにはどうすれば良いの?筋トレやむくみとりの方法

内腿に隙間を作って痩せるには?

内腿はとてもお肉がつきやすい部位です。

特に、女性は加齢とともにお腹やお尻まわりにお肉がつきやすくなります。

内腿はその部位にとても近いので、お肉がつきやすいのです。

内腿に隙間がないと、太ももが太く、たるんで見えてしまいますよね。

水着を着てもスキニーパンツを履いてもなんだかきれいに見えません。

では、内腿のお肉を落として痩せるにはどうすれば良いのでしょうか。

内腿を細くするためには、内腿にある筋肉「内転筋」を鍛える必要があります。

内転筋には太ももと骨盤を繋ぐ骨を支えるという役割があるので、内転筋が衰えると、骨盤のゆがみにも繋がり、よけいに内腿に贅肉が付きやすくなってしまうのです。

内腿のお肉を落として痩せるには、内転筋を鍛えることが非常に重要なんですね。

そのため、内転筋に特化したエクササイズをすることが、内腿を細くする近道なんです。

さらに、内腿を鍛える重要なポイントとして、「老廃物を排出する」ということがあります。

太もものお肉をつかむと、ボコボコと凹凸ができるという人は実は多いのではないでしょうか。

このセルライトも、足を太く、痩せづらくする原因です。

また、むくみなども原因となり、内腿を太くしてしまっているんですね。

内腿のお肉を落として痩せるためには、「内転筋を鍛える」「老廃物を排出する」この2点に着目して対策していきましょう!

Sponsored Link

内腿の筋肉を鍛えて痩せるには

椅子に座っていて、足が開いてしまうという人は内転筋が衰えている可能性があります。

また、ついつい足を組んでしまうという人も要注意です!

内転筋は意識しないとなかなか使わない筋肉なので衰えやすいのですが、その分、意識して使うようにすれば、日常生活の中で鍛える事も可能なんです!

例えば、椅子に座ってデスクワークをしている時に、内腿にクッションや本などを挟んでいるだけでも、内転筋を鍛える効果があります。

慣れてきたら、辞書などの重いものを挟むと、更に負荷がかかるので、内転筋を鍛える効果が期待できますよ。

何も挟まなくても、常に座る時は膝をくっつけるように意識するだけでも効果がありますよ。

もっと本格的なエクササイズをしたい人には、スクワットがおすすめです。

内腿を鍛えるスクワット

 

1.つま先を真横に開いて立ちます。

足は肩幅より広く開きます。

2.そのまま腰を落としたり上げたりを繰り返します。

1分行います。

3.足を開いたまま、床に手をつきます。

4.手をついたまま腰を上下に動かします。

1分行います。

5.腕で膝をおさえるようにして、1分間キープします。

最初のうちはかなり辛いかと思いますが、効果的に内腿を鍛えることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

内腿の老廃物を排出して瘦せるには

老廃物を排出するためには、水分をとったり、冷やさないようにすることが大切です。

その上で、マッサージを行い、老廃物を排出していきましょう。

内腿のリンパ流し

1.片方の膝を外側に開いて座ります。

(横座りをした状態から足を開くイメージです)
2.外側に開いた方の足の膝の内側に片手を乗せ、もう片方の手を上に重ねます。

3.体重をかけて、膝の内側から足の付け根に向かって押していきます。

4.太ももの付け根にあるリンパ節を刺激するように押します。

太ももの付け根にはリンパ節があります。

内腿に溜まった老廃物を、このリンパ節へ向かって流すイメージで行ってくださいね。

むくみ解消効果が期待できますよ。

セルライトを解消

1.床に座り、片膝を立てます。

2.両手の親指で、立てた足の指を1本ずつ付け根から指先までさすります。

3.足の裏の指の付け根の下を5秒間押します。

3回繰り返します。

4.両手の親指で、足の裏全体をまんべんなく揉みほぐします。

5.片手を握り、指の第2関節を足裏に押し当て、ほぐします。

6.手の親指を足裏の中心に当てて、上下に動かして足裏の中心をほぐします。

7.両手で足首を包み込み、膝の裏まで5回さすりあげます。

8.両手でふくらはぎを掴み、もみほぐします。

9.膝の裏の中心部を両手の中指で10回押します。

10.すねに手の親指を当て、上から下へ動かしてほぐします。

5回繰り返します。

11.手で拳をつくり、すねから足首までほぐします。

5回繰り返します。

12.反対側も同様に行います。

13.両手で太ももをつまみ、10分間つまんで離すを繰り返します。

反対側も同様に行います。

内腿だけでなく、足全体のセルライトを解消する効果が期待できますよ。

セルライト除去というと、「潰す」など、痛いイメージがあるかもしれませんが、このマッサージは大丈夫です。

太ももをつまむ時も、優しく行いましょう。

まとめ

内腿のお肉を落として痩せるには、内転筋を鍛える事と、太ももの老廃物を排出することが重要です。

内腿の筋肉は普段あまり使わないので衰え、お肉が付きやすいですが、もともとは大きな筋肉なので、鍛えればそれだけ効果も分かりやすいものです。

毎日のエクササイズとマッサージで、隙間のあるほっそりした太ももを手に入れることができますから、がんばってくださいね。

adsense

Sponsored Link

-ダイエット
-, , , , ,