ビューティエイジング.com

アンチエイジングで若返り、見た目年齢を下げましょう!ほうれい線、しわ、シミなどの年齢肌、抜け毛、ダイエットなどの悩みを解決するための、情報をご紹介します。

フェイスケア

法令線とは?消し方対策で手軽にできる方法をご紹介!

自分の体に起こる「老け」を一瞬にして自覚させられてしまう法令線とは、多くの女性たちにとってもっとも避けたい現象です。

毎朝鏡を前に私たちを悩ませるにっくき法令線は、昔でいうところの勲章でもあります。

これまで40年以上もの年月をかけ、今でもなお元気に過ごすことができている。

それだけで昔は長寿を祝うかのような価値がありました。

しかし、現代における法令線は、まったく違う価値があります。

同じ年齢の女性でも、口周りに2本の線があるだけで、一気に5才は老けてしまう。

「自分の魅力が失われてしまった。」それは、いつまでも魅力的な自分でありたいと願う女性にとっては、精神的にもストレスがたまってしまうほど重要な問題です。

メイクテクニックで頑丈にカバーしたところで、メイクを落とした後に一気に老け顔になってしまう女性なら、まずは法令線とは?具体的な対策は?としっかりと自分なりの知識を身につけて欲しいと思います。

アンチエイジングに代表される自分磨きの一環として、法令線対策を徹底したいなら、まずは法令線とは?に始まり、効果の高い対策の実践を目指すことが大切です。

また、働き盛りの年代でもある40代以降の女性は、年齢を重ねるごとに、やりたいことよりもやるべきことが増えてしまいます。

そのため、にっくき法令線の消し方を実践する上では、手軽さが継続のポイントとなります。

手軽さをテーマに法令線の消し方をご紹介しますので、ぜひ今日から取り組んでみてください。

Sponsored Link

手軽さをテーマに法令線の消し方をご紹介しますので、ぜひ今日から取り組んでみてください。

法令線とは?原因は?

法令線とは、今では中高年以降の女性たちを恐怖に陥れる存在です。

そもそも口周りにできる2本の線が法令線と呼ばれるようになったのは、東洋医学が関係しているとも考えられています。

顔にできるシワを診断した東洋医学の医師たちは、顔のシワの太さや長さの違いにより骨盤の異常を発見したともいわれています。

顔のシワに違いがある人は、骨盤がゆがみまっすぐには歩きにくいという判断から、「法令を守れない人」と診断され、逆に顔のシワが左右対称な人(法令線がくっきりとしている人)は、「法令の線を真っ直ぐに生きる人」という表現がされていたようで、このことから法令(ほうれい)線と呼ばれるようになったという説があります。

当時は現代に比べると自分の健康管理という意識は薄く、そもそも法令線とはという認識すらなかったかもしれません。

法令線とは、口周りにできる2本の線ですが、本当の原因は、皮膚のハリや弾力不足、表情筋の衰えに頬への脂肪蓄積などが関係しています。

法令線対策をはじめる上では、さらに肌への乾燥の可能性も含め自分にあった方法を学ぶことが大切です。

Sponsored Link

こんな危険行為は今すぐやめよう!法令線注意報!

法令線とは?顔に起こっている筋力低下やハリ不足、そして肌の乾燥などが関係しています。

これらの状態は、加齢により自然に発生することですが、普段から予防を意識した対策を実践していけば、少しずつ口周りの2本線が薄くなっていくのを実感できます。

しかし、法令線とはという具体的な原因をきちんと理解せずに闇雲に危険行為を繰り返してしまう女性も多いです。

危険行為とは、強すぎる「頬へのマッサージ」や化粧水をつける際の血行促進を目的とした肌の「パッティング」です。

これらの行為は、自己流で取り入れやすく、法令線とはにっくき存在と考えている女性ならつい洗顔後に無意識に行っている可能性もあります。

しかし、肌の弾力不足や乾燥が原因で法令線ができている場合は、却って肌にダメージを与えてしまいますので、今すぐやめてください。

法令線とは?毎日継続できる対策が大切

法令線を予防する意味でも正しい対策を今すぐ身につけ、毎日継続することが法令線とは?と今後長く悩まされないためにも必要です。

まずはすでに起こっている肌へのダメージを改善させるためにも、保湿を意識したスキンケアを実践してください。

肌のタイプによって必要なケアは違ってくるのですが、一年を通し肌への保湿を徹底すれば、自然と乾燥による法令線が軽減されます。

そして、表情筋の低下を改善させるためには、特別な筋トレが重要ですが、毎日頭皮、肩へかけてのマッサージも実は法令線ケアには有効となります。

法令線とは、顔のみではなく、肩から頭皮までトータルでケアすることが対策を実践する上ではひとつのポイントとなりますので、まずはできる対策からはじめてみてください。

Sponsored Link

手軽にできる法令線の消し方

法令線の消し方として特別な道具も時間も必要ない方法があります。

「べろ回し」と呼ばれる法令線の消し方のエクササイズです。

「べろ回し」は、いつでもどこでも手軽に実践できる法令線の消し方エクササイズですので、一日に中に何度も実践することで、気がつけば法令線がうっすら目立たなくなること間違いなしです。

「べろ回し」の目的は、ずばり口周りにある筋肉に刺激をあたえることです。

やり方は簡単!口をしっかりと閉じたままでべろを歯の表面部分をなぞるように動かしていきます。

左回り20回べろ回しした後には、右回りで20回くり返していきます。

これだけで法令線の消し方エクササイズは終了です。

毎朝のメイク前にべろ回しを実践すれば、鏡を見たときにテンションがあがること間違いなしです。

また、朝だけでなく、昼、夕方、夜と一日に何度もべろ回しをすれば、何度も口周りの筋肉を刺激することになりますので、確実に法令線が薄くなるのを実感できます。

法令線の消し方:頭皮マッサージ

法令線ができてしまう原因としては、顔にある表情筋の衰えが関係しているのですが、その他にも肩から頭皮にかけておこるリンパの滞りが関係していることもあります。

そのため、意外な方法として法令線の消し方を実践するなら「頭皮マッサージ」もおすすめです。

特に40代以降の女性は、ホルモンバランスやストレスの影響もあり薄毛が気になる年齢でもありますので、こまめに頭皮マッサージを実践すれば、法令線の消し方だけでなく、薄毛予防にもつながります。

法令線の消し方として頭皮マッサージを実践するためには特別なオイルやマッサージクリームは特に必要ありません。

手軽にできる法令線の消し方として紹介する頭皮マッサージは、いつでもどこでも気軽に取り組めますので、ぜひ試して欲しいと思います。

やり方は、とても簡単!左右の指先で頭皮をマッサージしていくだけです。

力加減は、けっして強すぎず、ここちよいと感じる程度で十分です。

また、ツメを立てる方法は厳禁です。

特に法令線の消し方として頭皮マッサージを実践する際には、頭皮の一部分に痛みを感じることもあるのですが、リンパが滞っている部分になりますので、定期的に指の腹でもみほぐしてあげることが法令線の消し方を目的とした頭皮マッサージとしては有効となります。

これらの法令線の消し方は、毎日の中でいつでも時間をかけずに実践できる方法になりますので、ぜひ挑戦してみてください。

adsense

Sponsored Link

-フェイスケア
-, ,